FC2ブログ
Art Of Life 夫婦生活画報

Art Of Life 夫婦生活画報

モデルは最愛のだんな様 + 私 + 色々な人達。私たちのセックスをアート・ダイアリーでつづります。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらま、
1年以上ぶりのご無沙汰。
でも、
お遊びは続行中でございました。
というよりも、いろいろと企画もの(笑)で、楽しませていただいている昨今、
撮り貯めたVも数知れず・・・
あまりに数が多くて、こちらにアップするものとしては、
フレッシュなものが、よろしいかと思い、
1年8か月振りの新作は、
なんと先週行った、ちょっと「ときめき企画」。
旦那様に高校時代、恋心を抱いていた旦那様の同級生と私で3Pしちゃいましょう、という。うふふなもの。
どういう経緯で、
これが実現できたかを語ると、とんでもなく長くなるので、
省かせていただきますが
高校時代は地味目だったらしいのですが、
女の私から見ても素敵なお姉さま。
それはそれは、エロな奥様。
お子様がいらっしゃらない所為か、普段から努力されていらっしゃるからなのか
お肌の色艶、とくに乳首や下のお口のピンク色や
引力に負けない、おっぱいの張りや
ウェストのクビレやお尻、
その全てが、もううっとり。
っていうか、私(すっかりレズにも開眼したので)、見ただけで濡らしちゃうくらい素敵。

ms02a_01.jpg

ms02a_02.jpg

ms02a_03.jpg
ms02a_04.jpg
ms02a_05.jpg
ms02a_06.jpg
ms02a_07.jpg
ms02a_08.jpg


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

旦那様&米国人Wさん と

Category: 3P   Tags: ---
本年4度目のお相手。

旦那様と参加した、とあるパーティーで物色した、
旦那様より少しだけ若い米国人・Wさん。

(私の旦那様も、欧米人です。実は(笑))

旦那様がナンパしてくれて、
ふたつ返事で、会場近くのシティホテルへ移動。


初めての方だったので、フェラチオは、なし。

そのかわり、
四つん這いになって、の
旦那様へのご奉仕を、後ろから、たっぷり見ていただいて。
さらに、
わたしが旦那様にイかされるところも、
じっくり見ていただいて。

まだ、ヒクヒクしている私を旦那様が後ろから、
こんな風に。

m17_02.jpg

クリトリスと乳首をいじられながら
沢山、濡らして
いっぱい音を立てて、
大声上げて

Wさんのペニスを
下のお口で、夢中でおしゃぶり・・・

m17_03.jpg

お酒が入っていたこともあったんでしょうね。
あっという間に
イッてしまわれて(笑)

あとは旦那様にバトンタッチ。

m17_05.jpg

久しぶりに、
ただ他人様に見られながら
旦那様にかわいがってもらうので

すべての体位で、

もうイキまくり。

m17_06.jpg

最後はやっぱり
わたしの中に、
思いっきり出してもらって。


セックス自体は、とっても良かったんですけどね。
やっぱり
ものすごく好みのルックスの方、
っていうか
見てるだけでムラムラきちゃう方との
せっかくの3Pなのに、

上のお口での、ご奉仕もないのに

即イキ

って。

これは、ちょっと。
どんなに素敵な方でも、
興醒め。

相手が彼氏だろうが、誰だろうが
これは、女子の本音。

やっぱり、
即席な感じは難しいかも。



さて、前回に引き続き、
わたし達夫婦が主催する「大人会」の模様から。

わたしが3Pで楽しませていただいている間、
旦那様は、
別のベッドルーム(大人会の「施設」にはベッドルームが4つあります)で
私の大学時代の後輩・Eちゃんのお相手中。

その模様、リアルタイムではなく
撮影されたビデオで観ましたが、

かなりメラメラ来る内容。

このEちゃん。
「ペニスの長さが足りない」ご主人に
一度もイかせてもらったことがなかったような
あまりに良い娘ちゃんだったのですが
我が家に出入りするようになってから
大開眼の女子になり、
わたしの旦那様のOJT(笑)、もう20回以上っていう猛者で、
ついには「大人会」のメンバーになり、
今では「上のお口の恋人」と呼ばれるほどの人気者。


あまりに芸術的なフェラチオなので
いつもの画法で、動画にしちゃいました。

旦那様の方針は

絶対に「咥え込んで、ジュボジュボ」しないこと。



理由は、

1.ビジュアルが下品で、傍から見て、そそらない
2.女性のアゴに負担がかかるので、長時間プレイに不向き

要は、上のお口は、下のお口の代用品ではない、と。
上のお口でしかできないことをしなさい、という。

舌、
唇、
唾液、
指先を駆使して、

男性が、
そうした自分の体のパーツで、
固くし、
濡らし、
声を上げ、
感じ、
求めてくれることに、
女としての歓びに浸る。

そういう世界を構築しなさい。
ということなんですね。

わたしも随分、鍛えられましたが
その成果の一部が、こちら。

20130202_02.gif

こんな風に長時間されたら、
そりゃ濡れちゃいますって、
あーもー、メラメラするぞー。

20130202_04.gif

旦那様のいっぱい濡らしたのを、
指先でこんな風にしちゃって。


自分の旦那様が、
他の女の
上のお口で
固くしてるのが、一番メラメラする。

あぁ、
後、他の女性が甘えながら
下のお口で
イかされてるのも、メラメラするかな。

でも、
わたしが許せる女性は
4人しかいないし、
全員、とても美しいので
ムラムラもしちゃうという。

うふふ、
今回は、ちょっとだけ「上のお口」のお話。

わたしの動画も制作中なので
そのうち更新しますね。

大人会 AさんとBさんと

Category: 3P   Tags: ---
本年3度目のお相手は、お二人同時、いわゆる3P。

二人の男性から同時に求められる、
おんな冥利に尽きるメンタルの刺激と
倍の快楽を与えてもらえる、
フィジカルの歓び。

やっぱり、こうした「お遊び」、わたくし的には、3Pが頂点。

お二人とも、
旦那様と私が主催する「大人会」のメンバーさんですが、
お相手になるのは初めて。

今回は、その「大人会」。
旦那様は、ホストに回ることが多いのと
このメンバーさん達は、
あらゆる意味で気の置けない皆さんなので
私は大抵、放置されます。

この時ばかりは、好きにできるので
他の男性に、
いっぱいイカせていただいたり
不倫シチュエーションを楽しんだり。

うふふ、放置っていうか「放流」。

お相手も、私が自由に選べるので
前から気になっていた

自転車道楽で鍛えた体が美しいAさん(4x歳)



パワーヨガが趣味のBさん(3x歳)


サウナで語らっているところへ割り込んで
「お相手してください」
なんて
そのままベッドルーム3へ。

ms201301a_02.jpg

まずはAさんが、クリトリスを。


ms201301a_03.jpg

いつも「大人会」で、私がどうされたいか、ご存じだったようで
舌先を転がしてくださいます。

そこへBさんが、援護。


きっと、ものすごく勃起しているクリトリスを
舌で転がされて、
きっと、もの凄く濡らしながら
もの凄く勃起した両方の乳首を、指先でつままれながら
すぐに
イキそうになっちゃう私。

大きな声を上げながら
腰を浮かして
プルプルし始める私に

Bさんに

「イキそうなんですね?」

そんなこと聞かれたら、本当にイっちゃいそうな私。

「は・・い・・・もう・・・」

「では、僕のを咥えながら、イきましょう」

ms201301a_04.jpg

さっきから、横目に見えていた固くなったBさんのペニス。
先端に舌を這わせると
もう、すっかり垂らすほど濡らしてる。

男性が、
私を見たり、触ったりしているだけで
垂らすほど
欲しがってくれる、っていうのは堪りません。

Bさんのペニスを指先でしごきながら
唾液を沢山すりつけながら、
舌を絡ませながら、
お二人に明瞭に聞こえるように(これも旦那様の教育)

「いくぅ・・・いくぅ!」

旦那様以外の男性に、
クリトリスを舌で可愛がっていただきながら
もう一人の男性のペニスにご奉仕しながら
激しくイク。

このシチュエーションが、いつもの何倍増しにも快楽を呼び
いつもの何倍増しにも痙攣して、
できれば、どこかにいる旦那様に聞こえて欲しい、
という願いを込めた大声を出させる、という。

あぁ、至福。

なんて余韻に浸る間もなく

「僕も、ほら」

なんて、AさんがBさんに負けず劣らない、
濡らし固くしたペニスを差し出してくれます。

ついさっき、私を最高に気持ち良い領域に導いてくれた
「舌」の持ち主の、
しかも、
私を可愛がってくれただけで、固く濡らしたペニス。

こんな愛しいペニス。

あぁ、ごめんなさい、あなた。
あなたのより、今は、この人の方が、愛しい。

なんて、
擬似不倫シチュエーションに酔いながら
声を上げながら
Aさんの腰を抱きしめながら
ペニスに唇と舌先を這わせ、
濡らしたものを舐めとりながら。

しかも、
またしても
まだ余韻が残る濡れまくった、
下のお口の入口を指先で優しく、愛してくださるBさんの援護射撃に

「あぁ、貴方のも、上のお口に欲しい」

なんて、おねだり。

旦那様が見ていないところで、痴女モード。
っていう背徳感に
また酔っちゃう私。

ms201301a_05.jpg

「下のお口も、欲しいんでしょう?」

ナイスなテンポのAさん

「うん・・・欲しい」


ms201301a_06.jpg

Bさんのペニスに、上のお口で唾液を塗りながら
Aさんに、下のお口を開く私。

Bさんのペニスの先端を唇で抱き込んで
指でしごいて、溢れてくる粘液を舌先で絡め取る、私の後ろから
両手でお尻を掴みながら
Aさんが太くて長いペニスを、優しく子宮口まで突いてきます。

「また、イッちゃう」

って、すぐイッちゃいそうになるのを、

「まだダメですよ。上のお口も、下のお口も、しゃぶりながらじゃないと」

って、

Bさんのペニスを咥えながら、
Aさんの上で、ってことでしょう?

ちょっと、しんどいけど、それ興奮する。


というわけで

ms201301a_07.jpg

Aさんに背を向け、またがりながら、Bさんのも。

本当に、上のお口も、下のお口も
同じような、いやらしい音立ててる。

あぁ、これ、旦那様に見て欲しい。
で、
こんなことして、
もの凄く感じながら
もの凄く濡らしながら
もの凄く興奮していた私を
叱りながら
犯して欲しい。

あぁ、そんなこと考えるだけで
イッちゃいそうになる。

でも、旦那様が見ていないところで
こんなに、いやらしく感じてる私、
っていうシチュエーションも
イッちゃいそう。

自然と下のお口で、激しくAさんをおしゃぶり。
上のお口で、Bさんをおしゃぶり。

これ、
すごく興奮するけど、
すぐに、しんどくなるもの事実。

これはAさんに早く、イッていただかないと、もたない。

ので、
下のお口を締めまくりながら、更に激しく。

「あああっ イッて 私の体で イッてっ」
なんて、
いやらしくお願い「声」攻撃。

これ結構、効きます。

Aさんもご多分に漏れず、そのまま昇天。


実は、まっすぐ長くてちょっと太めなAさんのペニスより
少しだけ細くて、長くて、ちょっと左側に湾曲したBさんみたいなペニスの方が好きなので
下のお口は、Bさんに沢山イカせていただきたいなぁ、
というのが本音で。

長くて、曲がったペニスってワイルドで
生殖能力が高く感じるんでしょうね、メスの本能として。

で、
Aさんが離れた後、そのまま四つん這いで、Bさんのワイルドをお出迎え。

ms201301a_08.jpg

また、Bさんのソフトタッチなグラインドが素敵で
いっぱい濡らしながら
いっぱい大声出して
思いっきり、イッちゃいました。

ms201301a_10.jpg

いつの間にか、Aさんが居なくなり、
カメラマンさんと3人に。

「生で入れてください」

って耳元でお願いしながら
(基本、生はNGという「大人会」ルールがあるのですが、女性が自ら志願した場合はプレミアム)
この格好でお出迎え。

旦那様、この「生」プレイ、好きなんです。
っていうか、
これのビデオを観られて
叱られながら
愛されるのがまた、何より好きな私ですけど。

だから、
「生で入れて」っていう小声も、
しっかりマイクが拾うように出したり。

更に、
声を潜めて

「中に出して」

なんてお願いしながら
Bさんと一緒に、激しくイッて、
そのまま、しばらくキスしたり、いちゃいちゃしたりして。


とっても満足な3Pでした。


この時ちょうど
旦那様は、
私の大学時代の後輩のお相手をしてくれていて、
このあたりも、また別の機会にレポートいたしますね。





肉体派紳士・Eさんと

Category: 貸出   Tags: ---
今年2度目の「お相手」は、
旦那様が(通うスポーツジムで)仲良くなった方で
旦那様より少し年下の肉体派紳士のEさん。

3度目となる今回は
5年前の私の
こうした「お遊び」デビューと同じ、

アイマスクをされ、
耳栓をされ、
両手を拘束された、
全裸の状態で
ホテルのベッドに放置され、
どこの誰ともわからない男性に、お貸出し。
というシチュエーション。

というもの。
今回も、
事前にお相手がEさんだとは聞かされていません。

この日も、
(「お遊び」のときはいつも、そうですが)
この恰好のまま、
旦那様に、お口と指だけでイカせてもらい
(私、1度イクと欲情エンジンが全開になるんです)
たくさん溢れたままの状態で
お相手の到着を待つことに。

視界を塞がれ、
聴覚まで奪われると
それだけで
どこか別次元の世界にいるようで
さらに
イカされた後で
快楽にフワフワ浸っている状態。

その状態で
全裸の誰かに
突然、抱きかかえられ、
上のお口を舌で犯されながら
下のお口を指先でなぞられる。

視聴覚の全てを奪われていると
この「いきなり」感が、すごいんですが
とてもスリリングで興奮します。

2本の指で、下のお口が犯される頃には
中で1本づつ交互に、
いやらしくも優しく動く
指のタッチと
筋肉の質感や肌の感覚で
Eさん、を確信していました。

そして、上のお口を彼の乳首まで誘導されます。

「お相手のペニスから垂れるまで濡らすんだよ」

という旦那様の教育通り、
私はいつも執拗に、
男性の固くなった乳首を、お口に頬張り、舌を使います。

ms201300b_02.jpg

その間ずっと、Eさんの中指と薬指で下のお口が犯され続けているので
後で旦那様が撮った動画で見ると
ものすごく大きな声を出しながら、
びちゃびちゃに濡らした下のお口から、こっちも、ものすごく大きく音を漏らしてるのが
恥ずかしいやら、
ちょっと自分に興奮するやら。

ms201300b_03.jpg

拘束されている両手で、それとなくEさんのペニスの状態を確認すると
もう、ヌルヌル。
なので、

自分から倒れこんで、

ms201300b_05.jpg

まずは舌で、濡らしてくれたものを全部舐め取りながら
おしゃぶり。
やっぱり、男性が私を欲しがって、
こんなに固くしてくれることに
嬉しさと、愛おしいような欲情を覚えます。

ms201300b_06.jpg

その間もずっと、Eさんの指は私のクリトリスを
その腹で捉えて、
優しく、いやらしく弄んでくれます。

ms201300b_07.jpg

私の上のお口の中で
沢山、濡らしながら。

ビデオで見ると、
この時、出しているEさんの吐息がとてもセクシーで、
現場で聞いてたら、
もっと濡らしてたかも。

私も、Eさんも本当に沢山濡らして、
ちょうど良いタイミングで、
Eさんのペニスが、下のお口に。

ms201300b_08.jpg

ここでようやく、耳栓から解放されます。

入口から奥まで、
奥から入口。

Eさんに
その長いペニスをゆっくりと動かされるたびに
私は
上のお口からも
下のお口からも
いやらしい声を出し続けます。

「Eさんは美味しい?」

旦那様の問いに

「うん・・美味しい」

そうやって答えるだけで、
自分の背徳感に酔うことができますが
これは
私たちのいつものゲーム。

「僕より大きいだろう」

さらに旦那様は責め立てます。

「うん・・大きい・・・」

私の漏らす声が大きくなります。

「僕より、いいんだろう?」

「・・いい・・いいの」

「Eさんに、ちゃんと伝えないと」

ここから、
大きな声で喘ぎながら

主人より、大きい

とか

主人より、いいの

とか

口走りながら、自らの背徳感を煽ります。


イキそうになるのを我慢しながら、
(お相手でイってはいけないのが、私たちのルール
今度は私が上に。

もうここからは
目隠しからも解放されます。

ms201300b_09.jpg

目の前でカメラを構えている旦那様の目を見ながら
溢れ出して
大変なことになっている下のお口で

ms201300b_10.jpg

Eさんがイクまで
おしゃぶり。

そして、
旦那様からEさんにカメラがバトンタッチ。

ここからが私の本番。

「こんなに沢山、濡らして」

「そんなに美味しかった?」

「僕より、よかったって?」

なんて
たくさん、いじめられながら
固く濡らした旦那様のペニスに
責められるのが
本当にたまらない。

そして

「すぐ、いっちゃう」

って、本当にすぐ、いっちゃう。


「もっと いかせて」

って、本当に何度も、いっちゃう。

ms201300b_12.jpg

旦那様以外の男性に求められる快楽、
旦那様公認での背徳行為ができる安心感のある危機感と快楽、
そして
旦那様に、とことん愛される喜び。

女(メス)としての本能を
理性という人知で
コントロールしながら、快楽を得る。

この遊びは、おそらくライフワークの1つ。




















プロフィール

femveil

Author:femveil
女流デジタル性愛画家・兼・モデルの
30's 主婦です。
本当は「美しいビデオ」を
作りたかったのですが
女子には、やっぱりちょっと生過ぎて
そそらない。
そこで、こんな手法になりました。

月別アーカイブ
最新トラックバック
Accs Cnt
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。